hajimerie’s diary

あばら骨が折れている猫のハルと高校生の年子兄妹と私の日々のダイアリー

猫🐱

読者登録している保護猫のパン君の白靴下を見て、3年前に死んだももこを思い出した。

 

ももこはブルーグレーの白靴下🧦のニャンコ。

ハイソックスまではいかない長めのホワイトソックスだった。

可愛らしい声でふにゃ、ふにゃーと鳴く。

気品がある女の子、チンチラが入っているからかもしれない。優しい性格で、シャーッとされた記憶がない。

 

ハルはすぐにシャーッ、シャーッするんだ。

爪も立てる。女の子らしくない。サビだから可愛らしさもあまり感じられない。

笑えるのは、息子娘らと同格と思っていること。

 

毎朝、子ども達を叫びながら起こす。1階のキッチンでお弁当を作りながら🍙🍱「はじ、りえ、起きなさい」と2階に向かって叫ぶ。

 

この声がすると、ハルは2階にたったっと上がり、寝ている子ども達の側に行き、子ども達のほっぺをチョンと触り子どもを起こしてくれるらしい。

 

「起きないとお母さんに怒られるよ」

ハルはこれを告げにいくらしい。

 

大笑いした。

ハルは行動が笑える。

 

猫🐱には本当に癒される。これはうちの猫だけではなく、どんな猫にも感じること。

 

外で猫に餌を与える。これは人間の自己満足に過ぎないことを理解してほしい。

 

猫を可哀想と思い餌付けする。これをするくらいならば、猫を家族に迎え入れる勇気を持ってほしい。

せっかくの好意が悪意に変わることだってあるんだ。偽善😞

 

さあ、ぐちぐち言っても始まらない。

お弁当作らなきゃ。