hajimerie’s diary

あばら骨が折れている猫のハルと高校生の年子兄妹と私の日々のダイアリー

忘れるから生きられる。

繁忙期を乗り越えた。終わりが見えた。

昨夜は最終理事会を終え、時計を見たら21時15分。疲れているのは当然だが、それよりも喉が乾いて仕方なかった。21時半、上席と2人で海老名駅東口の飲んべい横町のなか家の暖簾をくぐる。

 

酎ハイ4杯、立て続けに飲んだ。

酎ハイ2杯目でようやく息をつく。

 

朝7時から夜21時過ぎまで、横浜と海老名で熾烈な定期総会を含み、昼も食べずにぶっ通しの仕事。

56才には体力的につらい、特に、子供たちに何もしてあげられないのは本当に歯がゆい。

 

でも、仕事は楽しい。

繁忙期を乗り越えたからだろう。昨日の大型管理組合の臨時総会が7月開催されることになった。

こちらは骨格が出来ている。大丈夫だ。

 

人間は不思議な生き物だ。

あんなに仕事が回らないと悩み苦しんだ4月、5月。疲れ過ぎて眠れない夜を過ごしたこともあった。昨日で終わりを確認したら、自分の記憶が飛んだ。

何が大変だったのかも今は思い出せない。

私が強いと言われるのは、ここかもしれない。

「すぐに忘れてしまう。」

忘れるから生きられる

 

今日は1分でも早く帰宅して、子供にハンバーグを作ってあげよう。