hajimerie’s diary

あばら骨が折れている猫のハルと高校生の年子兄妹と私の日々のダイアリー

川崎理事会、大成功🤗

お見事。川崎理事会!

昨日昼過ぎ、上席からショートメールが入った。

 

川崎溝の口の理事長から議場で「来月もあなたが来られるのですよね?」と念押しされた。

 

若い新人が担当者となる川崎溝の口、正式に担当変更を告げるのは来月となるため、私は、「正式には上席がお伝えするとなっており、今は、私が責任持ってお仕事させていただくことになっています。」と答えた。

 

ニコニコ顔で終了。

管理組合とうまく折り合いをつけることができた。

私、知らず知らずに力をつけたのか?思った以上に会社への信頼を取り戻すことができた。

 

一つ肩の荷を下ろした私、これで退社する仲間にプレゼントができた、よかった。

達成感なのか、先週からほぼ毎日飲み回っているが、昨夜も上席と1時間半、焼酎を飲んだ。

 

上席は私にこう言った。

「これからはプレーヤーではなく後輩の監督、つまりマネージャーに回れ。自分で動くな、彼らにやらせろ。稀にみる逸材だ。」

 

言われた瞬間の私は、咄嗟に「違う、違う、私の思いは組織ではない。出世でもない。顧客満足を肌で感じることだ。後輩育成?とんでもない。定年まであと4年か、お客様に私のできる全てをして差し上げたい。」

と言いたかったが、「考えてみます。」と答えていた。

 

カリスマ性がある。これは秀でた才能と上席に言われた。

カリスマ性か、なるほどなぁ。

 

さあ、切り替えて今朝は横浜大型物件の大揉め定期総会、19時から海老名理事会。

 

昨夜飲みながら上席と擦り合わせをしたが、

「横浜大型管理組合の定期総会は形だけ。臨時総会で決着する」こととなった。

 

マンション高齢化の弊害、顕著なこの管理組合をどうするのか。

今後、私がマネージャーで関わるのか、プレーヤーで関わるのか。

 

カリスマ性担当者、どっちを選択する?