hajimerie’s diary

あばら骨が折れている猫と中学高校の年子の子供と私の涙と笑いのダイアリー

君は仕事に何を求めるか?残業代か?やりがいか?

f:id:hajimerie:20161029083746j:image

君は仕事に何を求めるか。

 

1.生活費

2.やりがい

3.とりあえずの自分の居場所

4.夢を叶える

5.出世

 

私なら何番を選ぶかな?

こう考えると、揺らぐことなく間違いなく4.夢を叶えるを選ぶ。

 

今月半ばに新人さんが入社して私の隣に配属された。

 

「仕事は生活費、残業がないと困るんです。」

 

このために仕事をしている。

このスタンスだと今月の給料に残業が反映しない。

 

こう彼にこぼされると私はどうしていいかわからなくなる。

 

まず、入社したてだからそもそも残業などない。生活に困るというから、17時過ぎに残務を依頼するが、正直、私とは全くスタンスが違うためm(._.)mと思う事もある。

 

私は、残業とは仕事が忙しく回らない時にする手段、つまり残業がかさむとは本来の自分の能力を逸脱している状態、こう考えている。

 

父は鉄工所を経営していた。過去形なのは現在ガンで闘病生活をしているため、病院にいるからだ。

 

この父は、高度成長が終了し、バブルが始まる一歩手前で、自社の経営破綻寸前を乗り切った。

 

私は高校時代だが、学校帰り16時前か?、父が自宅付近の大通りに、酔って大の字に寝ていた姿を発見、自宅にいる母へ連絡し引き取るという経験をした。

 

父親が真昼間、道路のど真ん中で寝ている。

 

今思えば理解できるが、当時は「なんで?なんで?」のことしかわからなかった。

 

それから私は父に一線を引き、あんな親にはなりたくないと誓ったのだが、、、。

 

残業をもらうために仕事をする人間が増えると、情けないが、父のような思いをする人間も一方で増えていく。

 

身の丈以上の仕事をする時は、会社を夢を叶える場所と位置づけて、頑張らなきゃならない。

 

権利と義務は常に同じ分だけある。

 

私は父からそう教わっている。

楽してお金は入らない、お金は後からついてくる、最後はなるようになるんだから。