hajimerie’s diary

あばら骨が折れている猫のハルと高校生の年子兄妹と私の日々のダイアリー

産んでくれた親に感謝、子供に繋ぐ思い😀

ようやく大きな仕事が他部署に移行できた。

あとは仕上げを待つ。

 

年末年始に思うこと、無事に年越しできるだろうか?インフルエンザが流行り感染し寝込む家族はいないだろうか?事故に遭わず三が日を過ごせるだろうか?こんな感じで心配はするものの、何ごともなく毎年無事に過ぎていく。

 

来年の正月は温泉に浸かってゆっくり筋肉をほぐしたい。温泉で生ビールなんて最高だ。

 

来年は少しお金を持って私1人実家に帰るかなと思ったりしている。

 

私は今幸せ、産んで育ててくれた親にようやく感謝できる年になった。

私の折れない心と有り余る体力は親のおかげだ。

これを受け継いでいる私の子供も折れない心を持ち合わせてくれていると信じている。

 

子供には、自分の意思を貫く折れない心は育んでもらいたい。見えない未来を生きていくのは自分だからだ。

2人共、自信持って生きていってほしい。