hajimerie’s diary

あばら骨が折れている猫と中学高校の年子の子供と私の涙と笑いのダイアリー

こぐまちゃんのわかやまけん氏他界を知り、高1息子としみじみ語りながら帰宅した👩👦🕊

f:id:hajimerie:20170817220415j:image

高1息子の塾帰りと私の仕事帰りの時間が同時刻、偶然にも18時30分横浜駅🚉で鉢合わせ👦👩こういうおまけは本当嬉しい。

 

 息子と帰宅途中、こぐまちゃんシリーズの絵本作家のわかやまけん氏他界をスマホニュースで知った。

 

しろくまちゃんのほっとけーきは有名だ。

オレンジ色の表紙が頭に浮かんだ。

 

実は、この時私はジミー大西氏が絵描きをやめたというニュースに見入っていた。

絵描きは割に合わない仕事、時給単価にすると350円、神奈川最低賃金の907円と比較しても割に合わない。なるほどこう考えると単純に食べていけない事情もわかる。

 

ジミー大西氏のいわんとすることも理解できるし、わかやまけん氏のしろくまちゃんのほっとけーきみたいに、ヒットしたら印税生活というパラダイスも理解できる。

 

作品を世に出すまでの作家の産みの苦しみは、息子の格闘を見ていることもあり、それは大変だったろうなと感じる。 ジミー大西氏もわかやまけん氏も同じだと思う。

 

人によって違うだろうが、これを時給換算したら持ち出しとなるかもしれない。

 

夢を叶える、絵描きを続けるかどうかは考え方一つだよね👩👦と二人話し合いながら帰宅した。

 

息子はいつまで絵を描いていくのかな?と考えた。🤔息子の猫の絵も🐱🐈絵を描けない私にとっては、しろくまちゃんシリーズの新作と同じ価値がある。😘

 

わかやまけんさん、2人の子供にこぐまちゃんシリーズの絵本読み聞かせをして、もう高1中3です。ありがとうございました。ご冥福をお祈りします。