hajimerie’s diary

あばら骨が折れている猫のハルと高校生の年子兄妹と私の日々のダイアリー

権利と義務は背中合わせ、今ある肩書き、会社辞めたらただの人😛

f:id:hajimerie:20180522225809j:image

茨城古河のマンション管理組合の定期総会終了後の懇親会が20日にあった。

 

楽しい定期総会だった。

 

どこのマンションでも高齢化が課題とされている。このマンションもそうだ。

部屋内で孤独死したお年寄りがおられた。

このお年寄りには相続人がいないことが、弁護士調査で分かった。この先の専有部は、国庫に帰属する形となるだろう。私は相続人不存在の手続きは初めてとなる。

 

これはこのマンションに特化したことではなく、これから当たり前となって行くのだろう。

 

肩書きやら勤務先やら、やたら自身のバッチをちらつかせる管理組合の理事長がいる。

 

そんなもの、定年を迎えたらただの人。

それがわからない人間がいる。

人間の命は皆平等。

その平等の命を守るための住まいは、誰もが安心安全なものでなくてはならない。

 

大切なものは皆で育みながら守るもの。

 

権利ばかりを主張してはいずれ破滅する。

権利と義務を果たして素晴らしい成果物をもたらす。これが私の目指すところだ。

 

私は、私なりに皆が思っているビジョンに少しでも近くようマンションを作りあげたいと思っている。

 

米津玄師Lemon5000回リピート、「雨が降り止むまでは帰れない。」この1曲に支えてもらい、、、

米津玄師のLemon、一昨日は朝5時から会社の一歩手前までリピートしながらイヤホンで聞いていた。 

 

私の看板物件である大型管理組合の理事長が、

「管理会社のレベルが低く、思うような管理をしない。

社長に言うぞ、、、」と解約含めた指摘を私の上司に挙げてきた。

 

理不尽な言葉を私だけではなく、私の上司に向ける。

私の上司にも問題がないわけではない。

理事長から私任せを見透かされている。

 

たまたま耳にしたLemon、涙が出てきた。

 

私はこの1年、この管理組合に全神経を傾け仕事に取り組んできた。

この結果、会社からも唯一の年度表彰を受けた。だが、管理組合の住民同士の分裂で理事長責任が問われる形となってしまった。

 

昨日も警察やら弁護士やら、、、数人で関係各所を回り、相対する住民の罪の重さを探す。違う、違う。

やることが違う。

この管理組合はベクトルの向きが違う。

 

今やらなくてはならないのはこんなことじゃない。

自分を守ることと同じくらい相手を守ること。

これをしなければ共倒れする。

 

何度も思う。今一番必要なことは敵と称する住民の声に耳を傾けること。排除の論理は通用しない。

 

逃げたい。

 

「雨が降り止むまでは帰れない」

 

逃げられないよ。今は耐えるしかない。

このフレーズに涙がとまらない。

 

雨だ。土砂降りの雨が止むまでは帰れない。

 

そうなんだ。私は今はここにいるしかない。

 

昨日、5月末の通常総会後就任予定となっている新理事から内緒の電話があった。

「理事を辞任したい。あなたと一緒に仕事がしたかった。でも、女房からもこんな管理組合の理事をして身体を壊してほしくないと懇願された。漏水事故で夜中まで対応してくれたあなたに応えたかったが、怪文書が回り、理事長の人となりが露呈した。

来週辞任届をあなたに渡す。こんなマンションだったなんて情けない、、、。僕は理事長の責任は重いと思う。申し訳ない。理事を辞任する。」

 

これが通るシステムが構築されているマンションだからなんとも言えない。

今月の残業は96時間、なんとも言えない。上司から身体壊すなよとショートメールがきた。

また、泣けた。

 

 

 

人の振りみて我が振り直せ、管理組合の理事長へ物申す😡

f:id:hajimerie:20180518204352j:image

高1娘と外食、夕飯に選んだのは横浜西口ジョイナス洋麺屋五右衛門

ハーフアンドハーフプラス赤ワインが私、娘がスープパスタデザートセット🍰

f:id:hajimerie:20180518205354j:image

この1週間、上司と打ち合わせしながら酒飲みまくり。

子供に夕飯を作ってあげられなかったお詫びだ。

 

高2息子には寿司を買った。息子は自宅でテスト勉強、15カン990円の寿司🍣で喜んでくれる。

 

このところ、仕事で嫌なことばかりが続く。

時として、マンション管理組合の理事長は、理事長という肩書きがあるばかりに傲慢、威圧的、独断専横、、、このような行動をとる方がいる。

首長だから、自分は偉いと勘違いするのだろうか。

何でも思い通りになると思うのだろうか。

 

深夜0時の夜中に理事長が電話をかけてくる。

 

漏水でも起きたなら別だが、自分が話したいから担当フロントに、深夜0時、電話をかける理事長がいるだろうか。

 

親に教わったはずだ。緊急は別だが、電話等はよほどのことがなければ21時まで。

 

私の親は口うるさかった。だからか、私はあまり子供達の生活習慣に対して口を出さない。放任主義の典型だ。

学校行くなら行く、休みたいなら休め、スマホでゲームしたいならば、ゲームすればいい。

 

自分を守ることは回りを守ること、回りをきちんと見渡す力を身につけることが大切なことだ。

人のふりみて我が振り直せだ。

肝に銘じなければならない。気をつけよう。

 

4月の残業時間が85時間となった。3月の79時間よりさらに増えた😫😨

高2息子、風邪をひいた🤧ので本日は医者に行き診察を受けてから学校へ行くとのことだった。

 

2週間前に高1娘が風邪。

これが感染源のようだ。

 

食欲はあるので心配はしていないが、医者代も薬代もバカにならない。

 

風邪くらい根性で治せ!だ。

 

今日は朝3時から仕事のメールをバンバン打っている。今月の残業時間は85時間だ。

疲労困憊しているのは数字からも見て取れる。

 

なぜこんなに残業時間が増えるのか。

振替休暇が取れないからだ。休日出勤の平日振替ができないから単純に8時間×8日、64時間は加算される。祝日に理事会があるとまた増える。

 

休日出勤の平日振替がスムーズに行けば、残業時間が減り体が楽だ。

 

疲労困憊が進む中、息子の風邪が私にうつったら一大事だ。

 

ゆっくりゆったり好きなものを食べる。

 

今日は管理員給与計算と議事録作成だ。

ノーザンデーなので定時に上がる。

 

幸せ気分👩🌸

本当に今日はいい気分🤗

 

 

ヤマ場を越えた。古河の担当も外れるようだ。ラッキー🤗

ようやく横浜の大型管理組合の定期総会議案が配布できた。

1つの大きなハードルをクリアした。

 

昨日も夜遅かった。子供に夕飯が作れなかった。

今日の夕飯はパスタだ。アンチョビ味にするかな🤗

それと、豚バラのしゃぶしゃぶサラダにしよう。

赤ワインもつけよう。

 

ゆっくりお風呂に入り、早く寝よう。

 

とにかくリラックスしたい。

古河の担当から外れると打診があった。

遠いもの、遠いもの。

遠いから大変だ。こちらも安堵した。

 

古河帰路で電車事故、走行中の電車に自転車が投げ込まれた?😱私の体は疲労困憊😫

今日も朝からダブルヘッダー、10時から元町マンション管理組合の理事会、14時から横浜大型マンションの工事デモンストレーションがあった。

 

昨夜は古河からの帰路、いきなりの電車事故に遭遇した。

浦和でいきなり運転見合せ。なんと走っている電車に自転車がなげこまれ、電車が緊急停止するという嘘のような本当の話。

 

2時間以上浦和駅に🚉停止。

グリーン車だからよかったが、ホームに釘付けとなった。

 

運転再開を信じていたが、22時、運転見合せがアナウンスされ、とうとう東海道線の乗客に京浜東北線振替輸送が告げられた。

京浜東北線は満員電車、2時間立ちっぱなし。

帰宅したのが深夜0時半だ。

 

もう、疲労困憊😰😰怒り心頭、なぜ私がこんな目に遭わなければならないのか、、、。

なぜ茨城古河が私なのか?

 

ムカつく、怒りが収まらない。

 

こんな気持ちのまま、朝一、元町マンションに向かい、理事会を仕切った。

 

でも、これが本当に心地よく、昨夜の悪夢がリセットできた。

 

私はフロントが天職かもしれない。🤗😊👩

 

おかげさまで次のデモンストレーションも好評のうち、夕方無事に終了。

ヘトヘトだがようやく総会議案書が仕上がり理事会も終わり、多少余裕ができた。

来週はたまった仕事を捌かなければならない。

 

今日の我が家の夕飯は天然ブリ、アトランティックサーモン、トラウトサーモンの三種の刺身とひき肉としめじのオイスターソース炒めだ。

ご飯は5合炊いた、お釜は即刻空っぽとなる。

 

この3日間、私は夕飯を作っていない、全てコンビニ弁当🍱🍙だった。

 

今日はそのお詫びかな🙇‍♀️😂

 

これでもか刺身💞これでもか刺身🍣

 

「お母さん、おかずあり過ぎじゃない?」と娘から言われてしまったほどだ。

 

子供2人は定期テストの試験勉強。

 

夜食を作ってあげよう🤗

パスタ🍝にしよう👍

頑張れ子供達、頑張れ私🏋️‍♀️

困難を乗り越えた私の大切な宝物、仕事を超えてなんとかしなければならない🌸

今日は理事会がダブルヘッダー

しかも、1つは茨城古河だ。

今古河に向かう電車の中だ。

 

先程午前中の平沼理事会が無事1時間かからずに終了した。

 

このマンションは築23年、竣工当時と現在の販売価格が変わらない、いや竣工当時以上の販売価格示すある意味希少マンションだ。

 

私はこのマンション管理組合と鶴見にあるマンション管理組合を宝物と思っている。

 

だからこそ、修繕工事やマンション管理でこの方たちを裏切ることはできない。

 

裏切るとは、例えば「法外な工事金額を提示する。」マンション管理において資産価値をおとしめる。」「法令違反をおかす。」このようなことだ。

 

この2組合は私の家族のようなものである。会社の社員ではあるが、それとはまた違う感覚で組合運営をお手伝いしている。

 

この2組合は、何もしない管理会社が生み出した被害者だ。私が出会った時は、修繕積立金が0に等しい状態で、長期修繕計画案など立てられない状態だった。

 

同じ時期に大規模修繕工事を迎え、右往左往した。

金利を利用して住宅支援機構や信金から資金を借り入れ、ゼネコン前田建設工業大規模修繕工事を発注した。

もちろん修繕積立金の値上げは必須だった。

 

平成30年度の決算でようやく住宅支援機構等の返済の目処が立つ。

 

管理組合が金融機関から資金借り入れを行っても、竣工当時よりも資産価値は上がっているんだ。すごいことだと思う。

 

私はこの2組合に人生をかけていきたい。

管理会社の不作為に悩み苦しみ、結果、適正な値上げをせずに資金不足に陥ってしまった。

 

この困難を乗り越えて竣工当時の価格を取り戻し維持していく姿をずっと見守っていきたい。

 

2つの担当する大型物件、古河の定期総会が20日、横浜の定期総会が27日、これは仕事だからきっちりさばくつもりだ。

 

平沼と鶴見の2組合は会社を超えて守ってみせる。

 

そんなこんなでもう土呂に停車した。