hajimerie’s diary

あばら骨が折れている猫のハルと高校生の年子兄妹と私の日々のダイアリー

心からありがとうを言ってもらえる仕事をしなくては、、、。🙋‍♀️

f:id:hajimerie:20180402080915j:image

茨城のJR古河駅から徒歩5分にある古河「麻布十番」のランチセットの先付け

 

この先付けにお刺身と牛サイコロステーキがつき、ご飯おかわり自由、フリードリンクで1,280円だ。美味しい、お得感満載だ。

 

古河へ行く時は、いつもは「うどん」か「ラーメン」となる私だが、この日は管理員に誘われ「麻布十番」に足を運んだ。

 

入店したのが11時半すぎだが、1テーブル以外は全て予約席となっていた。運良く予約プレートがない1テーブルに案内された。

 

これで満席だ。😁

 

古河、しかも平日で人口も横浜とは比較にならないほど少ない。外食という概念があまり感じられないこの土地で、なぜ駅前でないこのお店のランチ1,280円が予約段階で満員御礼になるのか、すぐにわかった。

 

店内の内装の作りは和風ファミレスと同じ、黒をベースに外光を上手く取り入れ白と黒のコントラストが素敵。

 

でも、和風ファミレスと全く違う空間がここにあった。お客様は全て60代以上の女性のみ。

 

高齢者だ。

ハイソな奥様もいらしたが、ジーパンにセーターのご年配。

採算度外視的な料理がここに並ぶ。

自由な時間を持つ高齢者の奥様は見逃さない。

 

麻布十番」は17時から夜メニュー、ワインと日本酒、焼酎がメインとなる。

このお店は夜にお客様が来て欲しいのが見て取れた。

 

昼を夜に繋ぐ、このコンセプトが明確に打ち出されている。

 

これは、私の仕事にも通用するものだ。

今だけじゃダメなんだ。

夜メニューの新作を昼のランチで確かめる「麻布十番」のように、サービスの提供の幅を広げていき、顧客満足度の高い仕事をしなくちゃならない。

 

心からありがとうを言ってもらえる仕事をしなくては、、、。