hajimerie’s diary

あばら骨が折れている猫のハルと高校生の年子兄妹と私の日々のダイアリー

本を読もう🤗

昨日高1娘の本丸である島崎藤村文学賞の作文を見せてもらった。

まだ未完成だが、書きたいことはわかった。

 

娘が書きたいことは日常起きたたわいない会話、私らは仕事でほぼ毎日ビジネス文書を作成している。特に私は詫び状、謝罪文の嵐だ。🤣

 

学生の作る文を読むとハッとする。真実だからだ。

そして娘の作文は特に本心が読める。

私が会社で作る謝罪文なんて、後ろでベー👅と舌を出しながら、「申し訳ありませんでした。」だ。

 

本当に悪いことしたなんて思ってなどいないのがほとんどだ。いちいち本気になっていたら、私こそうつ病になる。

 

学生の作文、これが人を感動させる?いやいやもっと単純だ。我にかえる瞬間がもてる楽しさを与えてくれるんだ。新鮮で斬新な発想にときめく。

 

小さな頃からたくさん本を読めと親から教わった。小学生の時、ジャポニカ百科事典をお年玉で買った記憶が蘇る。

 

それなりに数多く本を読むと作者の意図が分かるようになる。文字が読み書きできるようになる。

でも、それだけではないんだ。本を読む時間、その時間が大切なんだと最近思う。

 

忙しくて新聞すら読めない。

こんな風になっている同僚は皆追い詰められ、昼休み、お昼ごはんも食べずに机につっぷしている。

 

本を読む時間を作ろう。

 

娘は今万葉集を読んでいる。🤗私は新聞だ😊