hajimerie’s diary

あばら骨が折れている猫のハルと高校生の年子兄妹と私の日々のダイアリー

疲れ過ぎて眠れない、365日の紙飛行機、自信持って飛べ!

365日の紙飛行機、朝4時から起きてこの歌を聴いている。

 

本日、横浜の大型管理組合の定期総会議案書を午前中に完成させ300部印刷し、管理室へ発送する。

 

「てにをは」基本的な文体をはじめ、決算書、予算案、管理委託契約、工事提案、管理規約改定、いろいろあるが間違いは許されない。

 

これと並行に明日土曜日に行われる横浜平沼のマンション理事会の議案書、茨城古河のマンションの理事会議案書、日曜日の元町マンションの理事会議案書、午後から星川の共用改変のデモンストレーション資料を今日中に作成しなくてはならない。

 

熟睡できない。睡眠時間は3時間か😨

 

1年で一番大変なのは今日だな、これを自覚した途端眠れなくなった。

昨夜は自転車置き場増設案を元町マンション理事長と話し合った。

帰宅したのが22時、そこから夕飯。疲れていないわけがない。でも眠れないのなら、無理して寝る必要はない。起きていればいいだけだ。
 

 

理事長から「あなたには本当に感謝している、ありがとうございます。」と言われた。

自慢でもない、思い上がりでもない。

私はマンションフロント担当者であるが、担当という立場ではなく、マンションの住民の一員と管理組合から認識されているからかもしれない。

 

この歌が好きだ。

この歌詞の「問題は飛行距離じゃない、飛行方法だ。自信持って飛べ」

自分を奮い立たせてくれる。

 

仕事だから、この場を持っているわけじゃない。義務を履行しているのではなく、権利を行使しているんだ。自信持って飛べ!

 

5時になった、子供達のお弁当を作らなくてはならない。今日一日やりきってみる。