hajimerie’s diary

あばら骨が折れている猫のハルと高校生の年子兄妹と私の日々のダイアリー

古河、ありえへん現実。東海相模、心を鎮める試合を頼む💦

今、古河へ向かう宇都宮線の車中だ。

浦和に着いた。

 

 

海相模の試合をWi-Fi繋げて見ているが、1回から頂けない。

 

本当は車窓から桜を愛でながら東海相模の甲子園を満喫する予定だった。

 

古河で私を待つ工事作業👷👷‍♀️

私の意図しないことが古河の現場で行われている。

なんと技術担当自ら高所作業を行っていることが今わかった。

 

「ばかやろう、作業を指示するお前が古河の現場に、しかも2日間も高所作業オペレーションをやる?

他の物件の工事売上、見積、請求はどうすんだ?期末決算、年度末だぞ?」

 

仲間を叱ることが私の仕事ではない😩

 

でも、ありえへん現実、これを誰かに振らなければ彼は現場釘付けとなってしまう。

 

心を鎮めようと東海相模の試合を見たが、これまた「ありえへん、ボール取りこぼし???」

 

いつもの私ならば、次があるから別に構わない…。

今日はさすがに私の心が荒んでいるんだろう。

 

イライラは募る。

次は土呂だ。

 

古河まであと20分か。

私の仕事は本日3000万円の資金移動。

工事ではないが、現場を思い浮かべるとズシンと胃が痛む。

 

海相模、どうか私の心を鎮める試合をしてくれ。