hajimerie’s diary

あばら骨が折れている猫のハルと高校生の年子兄妹と私の日々のダイアリー

箱根住民コロナ(肺炎)で入院、コロナ陽性を甘く見ないで😢

f:id:hajimerie:20210125201300j:image

朝6時、箱根リゾートに向かう小田原厚木道路から見る富士山🗻が綺麗だ。

 

箱根リゾート施設のコロナ消毒に向かう私達親子。

社員は感染が怖いと逃げ越し、私達親子が立ち上がる😡‼︎

 

防護服に身を包み消毒業者と息子が各部屋をアルコール消毒する。

 

f:id:hajimerie:20210125204050j:image

風呂も消毒だ。

f:id:hajimerie:20210125204059j:image

消毒作業は15時に終わった。

 

私は作業の合間にコロナ陽性患者と電話で話をした。

まだ39.5度熱があり、血中酸素濃度が80とのこと。昨日は68だったという。

 

「このままでは死にますよ、救急車を呼んで下さい。」と私は患者の奥様に言った。

 

16時救急車で公立病院に搬送、ICUに入った。

肺炎の診断がなされたそうだ。

患者の手足は痙攣しており、入院が遅ければ命に関わる状態だったそうだ。

 

先程患者の奥様から「感謝してもしきれない、ありがとう」と電話があった。

 

119通報が遅れたのは、コロナの熱が上がったり下がったりする、、、。よってそのうち治るだろうと期待した。発熱だけで考えていたからだろう。

 

問題は血中酸素濃度、96でも息苦しいはず。

68など死を意味する数字だ。

それが86.85....

 

コロナは肺炎、この数値は病院酸素ボンベの世界です。

 

私は館内消毒作業、よって本来の本社の仕事が滞りクレームの嵐だ。

 

でも、命が救えて本当によかった。