「後回しにする」このツケは大きい?できないならばできないと言える勇気を持つべきだ!…マンションフロント奮闘記??

私のフロント人生の中でこれまでにない絶体絶命のピンチがきた。

3/16の前任者退職に伴う担当変更で私が受け持つ2管理組合全て、過去の理事会の資料がまとめられていない。

内1つは来月頭に決算理事会、来月末に定期総会。m(._.)m??

総会までには体制立て直さなきゃ!(◎_◎;)

さすがの私も凹む。

退職した前任者、ここまで回らなかったのか?

辛かったろうに…。

誰にも相談できなかったんだ。フロントたるもの、自ら望んでこんな結果を残すわけない。

そもそも原因はなにか?

「後回しにする」

これが日常的に行われてきたからだと私は思う。

「後回しにする」

怖いことだ?


昨日、次々過去の不始末が上がる中、まず取り掛かったことは、現地の管理員さんとの絆を深め、自分の必要な情報を管理員さんから集めた。

次に、組合にご迷惑をお掛けしない最善策は何かを考え、次の理事会総会をどうプレゼンするか頭の中でイメージした。
まず100戸のマンション管理組合のイメージカラーをピンク、50戸の組合をイエロー、こう決めた。

私はよく言われる金平糖管理は苦手。誰でも同じような対応をすることは私には難しい。マニュアル以外はやらないという切り捨てがうまくできない。

まず組合の色決めをして、例えば弁護士さんやらDr.の方々がおられる組合はブルーとか(^^)

このイメージカラーに合わせて対応する。こうすると、イメージカラーに合わないものは切り捨てられる。是非可否が明確になる。


私の仕事は基本9時から18時までだ。

多くのフロントが抱える残業問題、私はあまり残業はしない。

というのも中1中2の母、夕食やら学校の宿題やら結構帰宅してからの雑務がある。

お酒も飲みたいし☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

だから、日中、頭をフル回転させる。

頭の中がパニックになると大好きな紅茶で心鎮め、気分切り替え(^^)


昨日の私、こんなふうに資料が全くない固まった過去の事案1つ1つを紐解いていく。名探偵コナンさながらだ。

でも…必ずなんとかなるから大丈夫?

妙な自信はある私☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

私がかわいそう、こんな仕事振られてm(._.)m

そんなしみたれた思いはこれっぽっちもない。

本当にかわいそうなのは

①結果的にいい加減な扱い受けていた管理組合。

②部下である管理員。

正直どうしたらいいのかわからないのが本音だが、誰が引き継いでも同じなんだと開き直ることにした。


続く