hajimerie’s diary

あばら骨が折れている猫のハルと高校生の年子兄妹と私の日々のダイアリー

2泊3日の奧利根キャンプ本日終了😅

5/2.3.4の2泊3日、会社のスマホの電源を切り山籠りをした。

 

今回のキャンプは林間サイト、斜面の凸凹にテントを設置するベテランキャンパーが好むサイトだった。

 

とにかく雨と風、深夜早朝マイナス2度、寒さに泣いたキャンプだった。

 

冬用のコールマンの寝袋でジャンバーを着て寝ても寒くて眠れない、、、。キャンパー人生約20年の私もこんな経験は初めてだった。

 

今まで甘いゆるいキャンプをしていたんだと反省しきり😣

猫のハルが一番可哀想だった。

ブルブル震え、怖くて寒くて眠れない2日間を過ごしたようだった。

 

14時横浜について、くら寿司で遅いお昼をたべて15時半、自宅に着いた。

 

でも、寒さに震えた朝方4時、すごい写真を撮影した。

 

息子へまた絵を描いてコンクールに出展したら、、、と話をしてみた。息子も久しぶりにいい画材を見つけたと目を輝かせていた。

f:id:hajimerie:20210504175724j:image

嵐が抜けて行く深夜から早朝。荘厳な空気が流れる。

f:id:hajimerie:20210504175739j:image

怖いくらいの神秘。怖い。

 

f:id:hajimerie:20210504175754j:image

「お前たちよそものか」みたいな言葉が伝わる。

 

これぞキャンプ、森のチカラみたいなパワー、現場はもっとすごい白樺の物言わぬ姿に圧倒された。

 

f:id:hajimerie:20210504175941j:image

焚き火は一日中、寒くて寒くて、、。薪を3束使った。

f:id:hajimerie:20210504175952j:image

フキの花とつくしのコラボ、あまりに可愛らしくて

 

f:id:hajimerie:20210504180006j:image

水上町やまいち屋へ入る。娘の天重1,300円

f:id:hajimerie:20210504180016j:image

息子の上天ザル1,900円、新筍やらこごみの天ぷらが美味しそうだった。

f:id:hajimerie:20210504180028j:image

私の鍋焼きは1,200円、味は群馬なのに薄味。こてこて醤油かと思った。とても美味しかった❣️

f:id:hajimerie:20210504180039j:image

主人と息子の友人の八雲御前、、、量に驚いた。

 

水澤うどんを食べに奧利根から月夜野に向かった。

 

目指した天丸が40分待ち。

 

6キロ先のやまいち屋に入った。そばがメインのやまいち屋。

 

水澤うどん?違うみたいだが、うどんは最高に美味しかった❣️

f:id:hajimerie:20210504180049j:image

帰りの赤城、、、関越ガラガラ

f:id:hajimerie:20210504180100j:image

渋川伊香保、、、ガラガラ

 

息子はこれから白樺を描くようだ。何のコンクールか?今から楽しみだ。

 

すごく疲れた。皆寝ている。まだ18時なのに、、、。😒