hajimerie’s diary

あばら骨が折れている猫のハルと高校生の年子兄妹と私の日々のダイアリー

お茶汲み、私なら、、、。「お茶機購入、ご自由にどうぞ🙋‍♀️」

お茶汲み

 

毎朝の社員に対するお茶汲みは不要、これは私の意見である。

地方の環境はわからないが、お茶が飲みたければご自身でどうぞ…である。

 

56年間生きてきて、社会人としてもそれなりになった。

まず、社内の同僚らに朝お茶🍵を出すという経験はない。

 

そもそも社員の人数が多いため、誰がどこまでという範囲がわからない。

 

自分の課にお客様がきた時は、それはお茶汲みというかサービスを提供するという点で「お茶を出す」行為をする、、、。総務が行うのか、部署で行うのか、企業によって違うが、それは必須事項。仕事である。やらなくてはならない。男女問わずやらなくてはならないと思う。

 

しかしながら、私が、もし、上司から「朝から社内のお茶汲みをしろ」と言われたら、私は会社を辞めると思う。

 

私が読者登録しているこれから世界を相手にする新社会人ブロガーさんが「お茶汲み」について意見を述べられていた。

 

お茶汲み、地域や職種や社内慣例等で要否が分かれるが、私は基本やらない。

 

自分がお茶汲みすることで、後輩がそれをまた下に伝え、脈々とお茶汲みが女性の役割習慣とされていく。それが慣例となる。

 

「お茶機を購入してご自由にどうぞ」

 

こちらにシステム変更💁する社内提案を私ならばする。

 

社内のお茶汲み、私なら悪しき習慣、やめさせる。