hajimerie’s diary

あばら骨が折れている猫のハルと高校生の年子兄妹と私の日々のダイアリー

麻布十番と久喜墓参り😊墓掃除していい気分🙋‍♀️

昨日、墓参りに行ってきた。港区麻布十番と埼玉県久喜の二箇所に花を手向けてきた。

 

まずは麻布十番。かわいそうに墓が泣いていた。

隣の敷地から伸びたたくさんの実をつけた洋種山牛蒡がうちの墓石の上に覆いかぶさっていた。

卒塔婆まで紫色の実汁がついている。

この実はカラスのエサになる。食いらされて墓が汚れる。

 

本来は寺が永代供養料で取り除くべきものなのになぁと思いながらも、私は墓石に足をかけ、隣の山からだろうか、伸びきった山牛蒡を引っ張りこれを処分した。ハサミがないため、成長していて丈夫な山牛蒡を切るのが大変だった。

 

麻布は昨日14時から21時まで納涼祭りで通行止めになる。13時、すでに外人の見物客が通りを歩いている。ちらほら警察官の姿も見える。早くしないとこの付近は車が締め出され身動きできなくなる。

 

13時39分、麻布十番から埼玉久喜に向かい首都高に乗った。

 

久喜の墓参りのあと鷲宮アリオで昼食、買い物をし、夕方横浜へ戻ってきた。道は空いていた。

 

昨日行けて良かった。お墓を綺麗にできたもの。

普段何もしてあげられなくてごめんなさい。家族は元気で暮らしています。さみしくないように生花を飾るからね。立派なものではないが楽しんで下さい。

 

横浜から麻布十番、埼玉久喜は遠いが、私が元気なうちはお参りしてあげたい。目を閉じると花を手向けた墓の様子が思い浮かぶ。こんな私の思いは先祖に伝わっているだろうか。