hajimerie’s diary

あばら骨が折れている猫のハルと高校生の年子兄妹と私の日々のダイアリー

定年までの人生、どちらを選択したらいい?

昨日10年来の友人(会社の社長)より、17時すぎにいきなり飲みに行こうと電話があり、定時に会社をあがり居酒屋へ急行した。

 

久しぶりに会う友人らとのたわいない話かと思ったら、私を仕事に使いたいと言う「転職のお誘い」だった。

 

つまり、ヘッドハンティングだ。

 

「2020年までの工事バブルを最大限に活用するために、君の力が必要だ。あと3年いや4年でいい。給与体系は現状の年収の2倍は保証する。先方の会社の社長推薦とのこと、社命をかけた期間限定のプロジェクトである。」

 

人生最後の仕事をしてみるか。

 

マンションフロントの経歴を持つ工事大好きな女性管理職、専有部分は24時間対応できる女性が必要だ。施設管理は工事から、、、。

こんなフレーズらしい。

 

私がこれに惹かれた理由は

①期間限定であること

②評価が数字に表れること

③全国を相手にできること。主に関東近辺、名古屋、大阪とのこと。

 

定年まで今の会社にいるか、期間限定で工事バブルを経験するか、、、。

 

人間関係って大事だなと思う。

私を見ている人はいるんだな、ありがたいと思う。

 

とりあえず今日これから川崎の管理組合の理事会だ。きっちり仕上げ、それから考えるとするか、、、。