hajimerie’s diary

あばら骨が折れている猫のハルと高校生の年子兄妹と私の日々のダイアリー

理事長パワハラ問題で管理員5名が一斉退社を申し出る🙅

昨日、パワハラ被害にあったマンション管理室を巡回した。新人管理員を配置することもあり、14時から18時まで現地確認をした。

 

昨日はたまたまだが、理事長のパワハラ被害にあった2名の管理員が勤務していたため、彼らの気持ちをじっくり聞くことができた。

 

まずは、従来毎月1回定例理事会がある。

チーフ管理員が我々フロントと共に出席する。

チーフ管理員が理事長のパワハラを受けたため、理事会には出席したくないと昨日本音を話してくれた。

 

前回の理事会の時はこのチーフ管理員は不在。シフトから外れていたためだ。

そうか、この欠席は偶然ではなかったんだ。納得した。

 

もう1人の管理員だが、直接理事長から罵倒された1人だ。

彼からすでに、先週頭に7月15日付退社申し出があり受理されている。日曜の理事会には不在だった。シフトから外れていた。これも納得した。

 

管理員すらそうなのか。

私は日常的に理事長から罵倒され、電話は2時間が当たり前、拘束される。怒り狂われ電話は常にガチャ切りされた。

いくら顧客とはいえ、あり得ない仕打ちを日々受けている。

 

私は担当フロント、1人しかいない。

管理員のようにシフトを変えて理事長から逃げることができない。

 

給与だって管理員と大差ないようなものだ。今月の残業が76時間あるから、額面は膨らんでいるだけだ。

 

物件を変えてもらいたい。担当を外してもらえれば、効率よく本来の仕事ができる。

だって私達は会社の従業員に過ぎないのだから。

 

上席が私にこう言った。

「なぜ6月末に退社する管理員へ、退社日を2週間延ばしてくれと言わないのか。私なら土下座してでも一斉に退社を希望する5人の管理員に残ってくれとお願いする。」

 

私はこう返した。

「それはおかしい。課長の考えが理解できない。ならば、課長が理事長にパワハラを止めろと言うべきだ。その上で、管理員に2週間退社を延ばしてくれとお願いする。これが筋ではないか。原因は管理員ではなく理事長そのもの。パワハラは犯罪だ。

 

それからこの話は出なくなった。