hajimerie’s diary

あばら骨が折れている猫のハルと高校生の年子兄妹と私の日々のダイアリー

今日は猫の墓参り、決して忘れないぶん、ちょー、ももこ😇

読者登録している保護猫うにちゃんの写真がアップされた。

 

うにちゃんのお目目はくりくりだ。

 

偶然にも今日は死んだ猫たちの墓参り、高2息子と共に埼玉、千葉を回った。

高2息子の東海大の学オリ選抜報告を埼玉の祖母の墓に。

埼玉から三郷へ出て、千葉の松戸の動物愛護センターに、18歳で死んだ猫のぶんと保護猫ちょー(この子は猫白血病で享年10歳くらい)と保護猫ももこ(この子は猫エイズで享年8歳くらい)に逢いに行った。ここに3匹のお墓がある。

f:id:hajimerie:20180610230649j:image

今年のお彼岸にお参りできなかったため、調整してようやく墓参りとなった。

 

私も疲れているんだと感じた。

ぶんのお墓にきてほろっときた。

何年ぶりだろうか、胸いっぱいになったのは。

 

思い出した。

保護猫だったももこは、12月にうちの子になったんだ。

可愛らしいももこ、グレーのチンチラと日本猫のミックス。マンションの下で凍えていた。

 

ぶんは私と10年一緒、親子だ。

このぶんとももこが仲良くできるかと思案し、でも、寒さで死んでしまうと思い、一大決心をしてももこを家に入れた。

ももこを検査するため、病院に連れて行った。猫エイズだった。

でも、猫エイズだからといって、捨てることはできない。

ももこを正式に家へ入れた。

 

保護猫ちょーも同じだ。ももこより2歳くらい上だろうか。野良ちゃんだから年はよくわからない。

寒さで震えていた大きな猫、白と黒の猫。ちょーさん。

優しくて愛嬌があり、ただ口が膿んでいた。

よだれが止まらない。ただれていた。

病院に連れていったら、猫白血病と診断された。

私は全ての猫を看取りました。

 

ハルを飼うのは本意ではなかった。

猫は飼うまいと決めていたからだ。死んだ時の気持ちはもう味わいたくない。

 

でも、ハルはうちの子になった。我が道を行くハル。おバカさんでも可愛い❤️

 

くりくりお目目のうにちゃん、いいママに逢えたね😀頑張れうにちゃん👍ハルも頑張れ🙏