hajimerie’s diary

あばら骨が折れている猫のハルと高校生の年子兄妹と私の日々のダイアリー

高2息子がまた美術部退部を口にする。古人の「夢」を拾い今に繋ぐ。自分のために描いてごらん🙋‍♀️

f:id:hajimerie:20180609061713j:image

美術館で前漢時代の壺を見た。

f:id:hajimerie:20180609061820j:image

これは後漢時代の馬だ。

今の中国は嫌いだ。だが、前漢後漢の中国は神秘を感じる。好きというより興味がある。

 

遠い古人の作品から「夢」が伝わる。

 

高2息子が、美術部の先輩といざこざがあり美術部を退部?休部?したいとまた言い出した。

 

「先輩が入賞する作品を3作品仕上げろと強く言い放った、ムカつく。」これが理由らしい。

 

正直、私にとっては息子の部活なんてどうでもいい話だ。

 

「絵が描けないからまたブンむくれてるんかい?」

 

たまたま仕事の都合で美術館に行った。

少し息子のために見てやるか?こんな軽い気持ちで美術館に入った。

 

美術館は神秘。

本物の力はすごい。

f:id:hajimerie:20180609062938j:image

これは日本の現代作家、雨を描いている。

 

単なる雨がこのように表現されるんだ。

息子のために訪れた美術館で、夢を語る作品に自分の今の気持ちが重なった。

 

美術ってすごい。

くだらない人間の現実なんてどうでもいいじゃん。

 

明日は日曜日、息子に話してみよう。

作ってみなよ、自分の思いを表現してみなよ。自分のために、、、😌

何も考えずに描いてみなよ。🌿