hajimerie’s diary

あばら骨が折れている猫のハルと高校生の年子兄妹と私の日々のダイアリー

ハルはお膳周りをしない猫🐈

今日はハルの様子を書くことにした。

私が朝3時に起きて会社のメールを確認している時に、ハルもタンスの上から私を見ていた。

 

お腹が空いているのか、朝は、3時でも4時でも、また9時でも私の様子を起きて確認している。

 

「大丈夫、ハル、ご飯はあげるからね」と声がけしながら2階の寝室から1階のキッチンまで降りる。必ずと言っていいほどついてくる。

 

ハルはエサを一度に食べきることはしない。

5.6回に分けて食べる猫だ。

 

そして、不思議なのは我々人間の食べるものに口をつけない。興味を持たない。

だから、お膳周りもしなければ、食卓のおかずをゲットする泥棒猫にもなり得ない。

 

これは不思議だ。

 

食べたいものは何❓

ハルが何に興味を持つか全くわからない。😌

 

ハル、ハル、まだ仕事だよ、、、。

早く終わらせてハルに会いたい。