hajimerie’s diary

あばら骨が折れている猫と中学高校の年子の子供と私の涙と笑いのダイアリー

中大横浜中卒業式 あがり症の娘が卒対実行委員🙂ありえない成長⭐️

f:id:hajimerie:20180316194835j:image

平成30年3月16日 卒業式 10時開催

この学校の卒業証書の授与はクラスの代表者が受け取る。時間がかからないのは嬉しいが、なんか味気ないと思ってしまった。

 

ところが、サプライズ😳

クラスごと退場するのだが、退場前、各クラスの卒業生が親の席の前に全員一列に並んで、「お父さん、おかあさん、今までどうもありがとうございました!」と深々と頭を下げた。

 

それぞれのクラスの子供達が一列に並ぶ。

 

回りの親御さんが泣いていた。

f:id:hajimerie:20180316194847j:image

224人が全員付属高校に上がるのは今年が初めてとのことらしい。

卒業式が終わると保護者の方もご一緒にと、親にもお祝い膳がついた。お赤飯と彩り御膳、美味しかった。

f:id:hajimerie:20180316194900j:image

13時半から卒業を祝う会、実行委員ということで、娘は壇上に上がっていた。

娘は小さい時からあがり症で、人前で話すことなとできない子供だった。目立つことが苦手、先生に授業中さされるだけで、手汗が止まらないと悩んでいた。

 

その娘が壇上でマイクを持ち、500人の前で司会を務めた。

 

親の心子知らずとはよく言ったものだ。

 

手汗足汗は大丈夫だったのか?

 

上擦った声であったが、クラス代表として話す姿は感無量。

娘は成長した。ほんとうに成長した。

 

回りのお友達からも「りえ〜りえ〜」と声がけされていた。知らなかったが娘は案外人気者だったんだ。

 

娘よ、中学卒業おめでとう㊗️🎊おかあさんは嬉しいです。

 

でも、これまで私に言ってきた「うちの学校は宿題がない」とか「模試結果票は先生が保管している」らの隠匿行為は、母の集いで瞬時にバレた。

 

高校はそういうわけにはいかない。

きちんとした生活を送りなさい。