hajimerie’s diary

あばら骨が折れている猫のハルと高校生の年子兄妹と私の日々のダイアリー

高1息子、インフルエンザ罹患かも、、、私に移りませんように。

高1息子、インフルエンザ発症か🤭🤮

一昨日から喉の痛みを訴えていた。

 

中3娘は3学期最後の学年末期末テストの真っ最中で試験勉強に没頭。

当然兄の異変に気付く余裕はない。

 

私は仕事でてんやわんや、分刻みのスケジュールをこなして、風呂入り22時にバタンキュー。

 

昨日、息子がこう言った。

「クラスの斜め前の野口君がインフルエンザ、真後ろの男子がインフルエンザ、自分ももしかしたらインフルエンザかも、、、。

脇の下と太ももの裏が痛い。関節が痛い。

鼻水が止まらない。」

 

えっ?関節が痛い???

 

中3娘と私は、思わず顔を見合わせて

「それってインフルエンザだよ、、、😳」と。

 

「明日医者に行け」とか「マスクしてよ、移されたら卒業式に出れないよ」とか「仕事休んだらこれまた大変なことになる、早く2階へ行け」とか、次々彼に「そばによるな言葉」が浴びせられた。

 

今朝、4時半、息子が目を覚ました際、私は彼に声をかけた。

 

「顔が赤い、気持ちが悪い」と答えた息子。

 

絶対インフルエンザだ。

 

神様、お願いだ。

もう3月、インフルエンザなんてとんでもない。

5日も会社を休まなければならなくなる。

分刻みのスケジュールをこなす私の代わりはいない。

ちなみに本日の私は6時半に茨城の古河に直行、そして夜は19時から21時まで横浜元町で管理組合役員の面談がある。こなせるのか?これ?

 

ああ、インフルエンザ、私に移りませんように。この時期に長期休暇取得など、ありえない不安が胸をよぎる。