hajimerie’s diary

あばら骨が折れている猫のハルと高校生の年子兄妹と私の日々のダイアリー

資格がない人間は本当に不要なのか。なんとかしたい。👩

今日9時半から、前職でお世話になった先輩ということになるのか、「管理業務主任者資格」がないため、私の前職から退社に追い込まれた女性の弊社入社面接がある。

 

ようやくこの日を迎えられた。

 

前に一度ブログにアップしたが、独立系のマンション管理会社は血も涙もない。

会社のレベルをあげるのは資格だけじゃない。

信用だと私は思う。

個人も企業も信用がなくなったら、たとえ数字はいっとき伸びたとしても、淘汰される。

 

しかしながら、資格保持者以外は不要という趣旨に則り、次々と信用を築いてきた仲間達が退社に追い込まれる。私は自分から前職を飛び出したのだが、今になると転職してよかったと心から思う。

 

ちなみに今朝3時45分に目が覚め、茨城古河のマンション管理組合理事会議事録を仕上げた。でも、苦労を感じない。

現在の会社が、私を信頼してくれているからだ。

たくさん問題はある私だが、認めてくれていることを肌で感じる。これって天国と私は思う。

 

たしかに足並み揃えるには、見えるもので足切りする必要性も分からなくもない。

 

でも、それでいいのか。資格がない人間は本当に不要なのか。

いつから、前職はこんな時代になってしまったのか。 

 

また、怒りがこみ上げる。仕事は楽しみながらするものだ。なんとかしたい。💢