hajimerie’s diary

あばら骨が折れている猫のハルと高校生の年子兄妹と私の日々のダイアリー

上星川地元、ここにももう1人の「奴」がいた💩

とうとう会社に私への指摘を持ち親会社のお偉いさんが来た。

 

例のカンに触る男の「奴」がしでかした指摘だ。

 

13時、上長から別室にこいと呼ばれた。

「奴」に依頼した仕事について、依頼した理由を聞かれた。

保守的な会社はこういうところが困る。

 

しつこくあちらこちらから同じことを聞かれ、その度に私は同じことを同じように回答する。

 

依頼した私が悪い。

それで十分ではないか。

これ以上突いたところで結論は一つだ。

 

依頼した私が悪い。

これだけだ。

 

本当に面倒くさい。

 

話はかわり、高1息子が18時過ぎ、通学に使っている電車で私の会社のロゴジャンバーをきたイケメンチックな男性に会ったと話してくれた。

 

ロゴジャンバーの男性は息子と同じ上星川駅で降りたそうだ。電車を降りたロゴジャンバー、いきなりホームから走り階段を駆け上がって、すたーっと転んでいたそうだ。

 

上星川駅側には確かに大きなマンションがある。ロゴジャンバーはこの現場に行くんだな🏃と思った。

 

なんとなく誰だかわかる。

カンに触る男性の「奴」と同じ課だ。

 

私は地元で会社のロゴジャンバーを着用しない。

 

駅で転ぶのは勝手、だが、電車と同じロゴジャンバー、あらら、あらら、あらら、どいつもこいつも、、、。