hajimerie’s diary

あばら骨が折れている猫と中学高校の年子の子供と私の涙と笑いのダイアリー

高1息子のディズニーシーの風景画、位置を特定した。🌟🖼

今、古河に向かう東海道線の中。

息子が描いたディズニーシーの風景がどこなのかガイドマップで確認している。

 f:id:hajimerie:20170521082915j:image

 

f:id:hajimerie:20170521083107j:image

位置関係からおそらくここ☝️という箇所はわかった。

1がタワーオブテラー、1と8の間にあるメールボックスあたりの風景だ。

 

正直な感想だが、こんな風景あったかな???

よくよく思い出さないと当時の記憶がよみがえらない。

 

ガイドマップと絵を重ねて見るとなるほど🤔と思う。

息子はアントニオロペスがお気に入り。

アントニオロペスには程遠いが、なんとなくイメージはわかる。

 

子供達には好きなことをやらせたい。

 

私も6歳からピアノを習っていたが、好き?嫌い?これがよくわからなかった。

習いに行っているから、課題が出る。ピアノを弾くだけの日々だったような気がする。義務だ。

 

しかも、私の母は私みたいなステージママではなかった。だから、やるもやらぬも子供任せ。

嫌ならやめれば?の世界だ。

 

もう少し母が私に関わってくれたら、私自身また違う道を歩いていたのかなと思ったりする。いわゆるほったらかしの子供で、実際のところ、小さな弟、妹がいたため私まで手をかけられなかったかな?そんな気がする。

 

才能の有無は本人にわからないもの、私もピアノをやめた時に、大学の先生から、才能あるのにもったいないと言われた。

でも、いつも怒られていた記憶しかない私に才能の有無などわかるはずがない。

 

ほったらかしにしたいが、私がほったらかしにすると、我が子二人何にもしない困ったちゃんと化す。

 

もうすぐ古河に着く。

いざ、戦場へ向かう。スイッチオン🤗