hajimerie’s diary

あばら骨が折れている猫と中学高校の年子の子供と私の涙と笑いのダイアリー

高1息子👦私👩の試練が始まる。次の高みへ迷わず進もう🤗目指せる場所と未来がある幸せ、感謝しよう。

高1息子👦と私👩の試練が始まった。

 

まずは息子👦

高校部活で美術部を選択するかしないか🙇🏻

アートスクールを続けるかやめるか🙇🏻

 

私は息子がてっきりアートスクール退会の結論を出したと思っていた。

 

昨日これが曖昧、悩んでいるとわかった。😀

 

美術部顧問の先生から「おまえは登山部へまずは行け」と言われたと息子がボソッと言ってきた。

 

美術部に未練を持つ息子は、先生のこの言葉に落ち込んだようだ。😀

 

悩め、悩め、たくさん悩め。

基本息子は甘えてる。

 

私学は部活も重要なアイテムとなる。

部活のレベル向上を図るためには、コンクール出展が必須だ。

息子はおそらくこのコンクール出展がいやだから、美術部に入りたくないと言っているのだと私は思う。

選外とされた時の悔しさを味わいたくない、、、。

 

これが『甘え』🙄だ。

この『甘え』🙄に気づかなければ息子は成長しない。

 

彼の試練は『甘え』🙄を乗り越えること🤗

 

次に私の試練だが、昨夜も大規模管理組合理事長と横浜西口の喫茶店で3時間の打ち合わせ

 

本当にありがたい話を聞いていた。

理事長、副理事長、理事会役員が私を絶対離さないと言ってくれた。

理事長は、「管理会社じゃないんだ。管理組合はフロント個人を信頼している。あなたじゃなきゃダメ。35年共に支え合う継続した環境を作り上げたい。」

 

管理組合の思いと私の思いとが明らかに一致している。

 

どう形にすればいいのか?

 会社をやめようとする私🐱

この私を仲間として下さる4組合500住戸をどうするか🐱

悩む🤦‍♀️悩む🤦‍♀️悩む🤦‍♀️

 

 

実務レベルでも悩む🤦‍♀️

3月末で終わらせなければならないたくさんの事務処理が全く手をつけることができずにたまっている。

 

社内評価など私には不要。

屁の河童だ。

でも、あんなこともできないフロントと管理組合に思われるのは嫌だ。

だから、一年分の事業計画記載は今週中になんとか片付けたい。