電通の鬼十則、前職で同じような刷り込み教育。私が子供に伝えたい3つはこれ?

昨日、55歳男性が入社。私のデスクの隣に座る。

 

私らは自分の仕事でパンパン。

 

教えてあげる時間がない。

 

電通の労災認定の記事を見ているが、鬼十則電通に限ったものではないものと私は思う。

 

マンション管理のフロント、使い捨て感ありありで、雇用する側もされる側もこの使い捨てについては暗黙の了解がなされている。

 

なぜなら、マンション管理の仕事は住民さんの生活のクレーム処理がメイン。

 

私の周りでも、うつ病、ストレスからくる疾患…中高年の仲間はストレスが続き、糖尿病、通風、帯状疱疹という病気に見舞われ、次々と退職していく。

 

若い新卒だとすると、一から手を取り足を取り教えて行かなければならない。?

忙しい回りの人間は、自分を支えるのに手一杯。

手を貸す余裕も時間もない。

 

電通に限ったことではない。

 

SOSを拾う時間が私にもない。

ある意味反省しなくてはならないことと思った。

 

私も女性ながら「自分の畑で育てたものを他人に刈り取らせるな。自社工事ができないものは無能。皆に土下座せよ。利益をもたらさない者は悪である。」このような刷り込み教育を前の会社でされてきた。

 

はっ??馬鹿言うなよ?

自社工事がどの程度のものか?おまえたち知っててそんなこと言うのか?

詐欺じゃないか?

 

ここに行き着きあっさり退社を決断。

 

そうなんだ。

ダメと決めたその結果をダラダラ過ごす時間がもったいない。  

 

私は転職成功組(๑>◡<๑)ここに行き着けなければ、土下座の日々??

 

息子や娘に、親として社会をどう生き抜くか、1つ1つ生き様を見せている私だが、基本は自分にある…これを教えている。

 

1️⃣分相応

一流会社だけが偉いわけじゃない。

町の畳屋さんだって立派な仕事だ。

 

2️⃣がまんが必要。

でも、そのがまんをいつまですればいいのか?

そのがまんラインを引いて、先の「さらなる飛躍」を目指すにはどうしたらいいのか?

 

3️⃣友達を大切にしなさい。

人は1人では生きられない。

だから、仲間を見つけるんだよ?

 

この3つは子供達にはしっかり教えておきたい。