hajimerie’s diary

あばら骨が折れている猫と中学高校の年子の子供と私の涙と笑いのダイアリー

全国アートクラブグランプリ東京巡回展本日開催💁見てきました👦👩👁

豊島区南長崎ターナーにて全国アートクラブグランプリ巡回展が今日から17日まで開催される。

本日初日だ。 

中大横浜紅央祭を見学し、その足でターナー会場へ向かった。

f:id:hajimerie:20160910201022j:image

 いたいた、😊息子の絵「優しい時間」😆

思った通り、少し色褪せていた😅。

f:id:hajimerie:20160910201030j:image

実は偶然にも、会場で、このコンクールの審査員の先生とお会いすることができた。

堺市の中学校美術の先生でこのコンクールの選者でもある。

息子が描いたロープについては、審査員の先生側も衝撃を受けたとのこと。

 

「ここまでよく細かく描いた!

 

ともするとテクニックに逃げる描き方で、体裁よくうまく見せようとする絵に走る。

 

しかしながら、この絵にテクニックはない。

 

単純に見たものを見たまま描いている。

テクニックがないから、心惹かれる。」

 

こうおっしゃっていた。

 

息子の今年のコンクール作品も期待すると言われ、嬉しくなった。

 

テクニック?なんだろう?と息子に聞いた。

 

遠近法とかいろいろあるみたいだけど、、、、と息子(*^^*)。

 

とにかく驚いたのはこの会場にある絵の上手さ。圧巻です。

それぞれの絵に力がある。

10人10色の力👀

上位入賞作品のみだからか、尚のこと、メッセージ性の強さ、個性のるつぼにハマったような

感じがした。

 

 ちなみに私が 心惹かれた2作品

その1

f:id:hajimerie:20160910201043j:image

 その2

f:id:hajimerie:20160910201050j:image

上手い下手は関係ない。

描きたいものにのめり込む。のめり込んだところのどこを拾うか。

 

全国アートクラブグランプリの入賞入選へのアドバイス、私は「どこを拾うか」この一点だと思う。