台風10号、進路が気になる。

f:id:hajimerie:20160829045540p:image

ライオンロック(台風10号

米軍合同台風気象センターの28日気象予報図

 

台風10号が関東地方上陸する予定と今朝気象庁が発表した。

 

私は昨夜から息子の夏休み理科自由研究のテーマである台風について調べている。

 

1つ気がついた。

 

26日から27日の間の気象予報は、台風は進路をこれまでより少し北向きに変え、、、と気象予報士が説明していた。茨城千葉の海上から日本海へ抜けると言っていた。

 

たまたまアメリカの予報図を見ていた時に、今夏の台風の進路はこの予報図通りではないか?と気がついた。

 

日本の気象予報図を再度確認した。

 

26日同日に発表された日本の気象予報図と米軍合同台風予報センターの気象予報図では台風10号の進路予報は少し違っていた。

 

今29日の午前5時だが、台風10号は26日のアメリカが出した進路とほぼ同じ動きをしている。

 

日本の気象予報とアメリカの気象予報とあるのはわかるが、アメリカの予報通りとはびっくりした。

 

日本の気象庁の予報は誰がどのように決定して出しているのか?また、ツッコミ所を見つけてしまった。

 

予報だから少しくらい間違いがあっても仕方ないとこちら側も思っているため、大した問題にはならない。

 

しかし、アメリカの米軍合同台風予報センターがほぼ完全な進路を事前に掴んでいる、これが見て取れる。

 

うーん?

世界の中の日本はどれくらい?と疑問が湧いてくる。

 

どうなっていくのか、見守る私。