hajimerie’s diary

あばら骨が折れている猫と中学高校の年子の子供と私の涙と笑いのダイアリー

東海大学園オリンピック、中3息子は小6卒業時にここを訪れ中学3年間嬬恋参加を母と約束。今だから話せること。

f:id:hajimerie:20160731204305j:image

東海大嬬恋研修センター

 

息子は7月31日、東海大学学園オリンピックの開催場所である嬬恋へ向かった。中1から3年連続学園オリンピックに参加する。

 

実は、私達家族は3年前の3月末、東海大嬬恋研修センターを訪れている。

息子小6の卒業式の後の家族の卒業旅行がこの嬬恋だった。

 

山の頂上より少し下、斜面に面している茶色の三角屋根、白い壁、緑の中にぽつんと見えたとても大きい施設だ。

 

東海大相模に入学が決定した次の息子の目標は学園オリンピック3年間参加と私が決めた。

 

学園オリンピック選考試験が5月とわかり、それに間に合わせるため、東海大相模入学前に息子を連れて、嬬恋高原の東海大研修センターを見せに行くのが目的だった。

 

息子は親が言うのだから仕方ない。渋々ついてきた。

嫌な親だ!息子はきっとそう思っているだろう。

入学前に嬬恋研修センターへ連れてくる親などいない、私も少しかわいそうな事をしたと思う。

 

入学早々、学園オリンピックにエントリーした息子。

中1からは無理と美術の顧問の先生に言われた。

もともと高校生のためのイベント、中学は各部門ほんの一握り、オール付属で片手しか選ばれないから難しい、、、。まあ、やってみましょう、こんな感じだった。

 

息子は絵の具の使い方がわからないため、鉛筆一本で絵を描いた。

 

ここから始まり、結果は3年間嬬恋メンバーとなる。

最後の中3の参加が本日から。

ああ、感無量🙍

 

この3年間参加の裏話、今だから言える話だ。

 

息子、母との約束を果たしたね。

ありがとう。👦👩☝️もうお母さんがぐずぐず言わなくても大丈夫だね。

 

中3の最後の学園オリンピック、楽しんできてもらいたい。