読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

会社で疲労困憊する私の自分流ストレス溜めない過ごし方。

f:id:hajimerie:20160625083451j:image

深夜2時、うつらうつらしながら外の雨音に気づく。

寝室の窓が開いたままだった。

 

空が漆黒から白く色を変えていく。

 

ブログを書いたり、音楽聞いていたらもう

4時18分、今度は朝焼けだ。カラスの声?

 

空の色の移ろい、この瞬間に巡り合えるとラッキー、幸せ、本当に得した気分になれる。

ああ、早起きして??

いやいや、寝ないで待ってて良かった(^O^)だ!

 

朝焼けが好きだ。

朝焼けと同時に

カラスからメジロ?小鳥のさえずりに変わる。

 

朝5時、小鳥のさえずりからウグイスの合唱に変わる。

 

【会社で疲労困憊する私の自分流ストレス溜めない過ごし方】

 

 夕食終わりお風呂へ入り、何も考えずに布団へ潜り込む。

 

髪も濡れたまま、バスタオルで頭を巻いて布団でゴロゴロ。

 

子どもの宿題もそっちのけ。

 

ゴロゴロ、ゴロゴロ。

 

まず、好きな音楽を聴きながら頭の中を空っぽにする。

 

私の頭の中の昼間圧縮されたデータを布団の中で一つ一つ解凍していく。

ここで取り出したデータを次々頭の中にあるゴミ箱へ捨てていく。つまり、忘れるんだ。

 

私はこんな作業を寝る前に毎日繰り返している。

忘れるから基本ストレスがたまらない。

 

 

また、平日の残業はしない。

どうして残業しないで済むのか?

それはやる範囲を決めているから。

やらなきゃいけないこと、これを全部をやっていたら365日仕事だらけ。

病んでしまう。だから私は7割しか仕事しない。7割やれば十分だ。

 

その7割の範囲とは?

前日頭の中の圧縮されたデータの中でゴミ箱行きにならなかったものと当日発生した緊急案件だ。

 

明日の仕事と自分で決めたものは人の力を借りてでも全力投球し必ず終わらせる。

 

大きな理事会総会議案書については、マニュアル化してフォーマットに当て込んでいく。

 

現場作業をこなしながらの事務処理は苦しいが、できる限りこの体制は崩さず仕事をしていくつもりだ。

 

仕事に潰されない自分流のはたライク。