hajimerie’s diary

あばら骨が折れている猫と中学高校の年子の子供と私の涙と笑いのダイアリー

中3息子👦東海大学学園オリンピック芸術部門エントリー作品完成💕

学園オリンピック締め切りが5月6日、昨夜ようやく絵を仕上げた。

本当にいい絵だ🎨👍

実はこの絵の構図は私が提案し息子が受け入れたもの。

だから描き始めた当初からのらりくらり😩
こわごわしながら絵の具を置きにいくだけの感じの絵だった。

締め切りも迫る今週の月曜日、息子が完成と決めた絵に私はやり直しを告げた。

いやはや、バトルだった。

決してサボってはいない息子、しかし絵に魂が入り込まない。
息子の絵はそれなりにこの時点では確かに完成していた。

でも、学園オリンピック三年連続出場のタイトルを取れるものではなかった。

私は息子に
「お母さんは絵が下手、絵が描けない。でもピアノは弾ける。

今のこの絵はお母さんがショパンのノクターンを譜面見ながらたどたどしく弾いている体裁のもの。

聞き手にはショパンノクターンと一瞬わかるが数分経つと、あの人何弾いていた?と聞かれる演奏。

レッスンの段階の演奏、今のお前の絵はまさにそれ。

ピアノ発表会はそれではだめ。絵も同じ。

ショパンのノクターンを譜面見ながらでは舞台に上がれない、それならばキラキラ星演奏曲を暗譜して誰でも知っているメロディの聞かせどころをアレンジして演奏するんだよね。それがピアノ発表会。

お前の絵はショパンノクターン譜読みの段階の域を超えていない。」

これに息子は大激怒、怒る😡ほえる😤。

でも、半日かけて息子は理解したんです。☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

やり直しを始め、それがようやく昨夜の午前3時前に完成した😂🎨✨

絵に重量感が出た。

審査結果が楽しみです👌☺️