hajimerie’s diary

あばら骨が折れている猫と中学高校の年子の子供と私の涙と笑いのダイアリー

おばさまが他界された。生を全うした彼女に敬意を表します🙆

知り合いのおばさまが先週末亡くなった。

末期のすい臓ガンで転移がみられ、開腹したがすぐに縫合。担当医師はおばさまに余命半年を告げたそうだ。

おばさまは昭和のインテリジェンス溢れる知的美人。

お見舞いに伺った時はそれは清々しい感じで、とても末期のすい臓ガン、死を宣告された方とは思えない凛としたお姿だった。

私は最期には立ち会えなかったが、
生への感謝いっぱいで旅立たれたと思っている。

今熊本大地震で被害状況が日々報道されている。犠牲者の数も増えている。

おばさまは死を受け入れる心の準備ができる時間があった。

しかしながら、熊本、阿蘇、大分はいきなりの天災、自宅崩壊、圧死…。この方々は無念としか言いようがない。

だからといってはおかしいが、私は、明日死んでもいい生き方を今日すること…これを心掛けたい。

人間の運命には逆らうことができない。地球にもメカニズムがあり、この流れにも逆らうことはできない。

ならば今日1日を思いっきり生きていきたい。

全力で1日を駆け抜けていく、やりたいことをやりぬいた1日には後悔など存在しない。

つまり、やらなかった後悔はしたくない。

おばさまのお墓でゆっくりとこんな話をしたいな。

おばさまのご冥福を心から祈ります。😌👼