表紙さがみ?から学んだ集中力?仕事に活かそう。??マンション管理組合フロント奮闘記


息子(中2)の絵が学園冊子の表紙になった。?

昨年は猫?の絵で表紙、今年はもやい綱の絵だ。

息子の隣は高校生の先輩の絵?、いやいや高校生とは思えないo(^_-)Oタッチ。

素晴らしい?

この子たちはとにかく絵が好き。

それとこの子たちに共通するものは集中力だ。
特に息子だが、絵を描いているときの集中力、声も掛けられないほどの凄まじさを私は感じる。


邪魔しちゃいけないというより私が入りこめない空間がそこにある。

やはり集中力なくしていいものは作れないんだといつも感じている。


これはわれわれ社会に出ている企業戦士にも言えることだ。

どんな職種でも作業したりプレゼンしたりするときには、まずはどうしたらいい?から始まるはず……。

このどうしたらいい?をどんどん掘り下げて、それが何か突き止めるチカラを集中力と私は思う。

よく見てほしい。
この子たちの絵に妥協はない。

大人が手を貸しうまく仕上げている絵ではない。

集中力が伝わる絵…。

私の仕事も同じなんだ。
思いが伝わる仕事をしなければ評価されないんだ。

管理組合の理事長へ、右から左、押印書類をを流すだけがフロントではない。

そこにどれだけ中身を詰めるかが私の仕事だ。

集中力…。本気にならねば?