hajimerie’s diary

あばら骨が折れている猫と中学高校の年子の子供と私の涙と笑いのダイアリー

100年前のステンドグラス⚓️横浜氷川丸🗓未来へ。


横浜 氷川丸のステンドグラス
100年の歴史がここにある。⚓️

息子が船に興味があり、3ヶ月に一度は氷川丸の艦内に足を運ぶ。

きっかけは中学生海の絵コンクールだった。

小学校からお勉強はイマイチだが、図工は得意(⌒▽⌒)。中学1年となり、コンクールに出してみようとなりトライした。
画題がタンカーや外国船であったため、この時は東海大望星丸を描いた。

無論選外作品(^O^)

中学2年となり、顧問の先生から同コンクールにトライしなさいとアドバイスがあったそうだ。

息子は氷川丸を選び、横浜港へデッサンに通う。

(この時たまたまアートクラブグランプリのもやい綱を発見した。)


その氷川丸の絵が佳作となり、運良く2016.01.14から2月半ばまで氷川丸にこの絵が展示されている。


氷川丸の艦内は昔々の玉手箱のようだ。その一つがこのステンドグラス。

今日息子は学校の美術部がお休み、あいにくの雪予報だが氷川丸へ行くと言っていた。

昨日、全日本学生美術展の絵画搬入があったため、ようやく一息つけた。
落ち着いたのかもしれない。


今年の中学生最後の海の絵コンクール、息子はまた氷川丸でエントリーするのかしら。

氷川丸のステンドグラス、これをみなさんに知ってもらいたい。芸術と私は思います。