hajimerie’s diary

あばら骨が折れている猫と中学高校の年子の子供と私の涙と笑いのダイアリー

喰うか喰われるか?やるかやらないか?考えさせられた歓迎会

マンション管理組合の運営の難しさをしみじみと感じた。

一昨日私の入社歓迎会が行われた。

私の配属された課は他人事クラブではなかった(^^)。嬉しい限りだ。

先輩達の話を聞いてそれぞれ管理会社は違っても問題と言われるものは同じと思った。

この仕事はプライベートとワークの区切りがない。

このどこからどこまでが仕事?

課長はみんなに問いかけたが(私も聞かれそうになったm(._.)m)

「だから好きじゃなければ出来ない仕事^ - ^」

私の答えはこれ!

『喰うか喰われるか…。』

これを経験した人間はやるかやらないかの決断をするのが早いと思っている。

この喰うか喰われるかの緊迫感が自分を大きく変えてくれる。



会社は自分のためにある。
仕事はお客様のためにある。



私は防災士の資格を持つが、この防災士講習でとても大切なことを教わった。

自助、共助、このバランスがとても大切。

会社と自分も違う意味で自助、共助のバランスを保つことが大切と考える。

私はこのフロントという仕事が大好きだ。

だから残業?申請するの?しないの?休みは?
こんなのは苦じゃない。喰うか喰われかの範疇じゃないからだ。

私はこの仕事ができるだけで幸せだ。だからバランスを保ちながら頑張っていこうと思う。