中2息子、横浜美術学院の門を叩きました🚶水を得た魚のよう🐠🐟


昨日の横浜美術学院での息子の静物画


デッサンを極めたいという息子が昨日アートスクールの体験講座を受講した。

約30分程度のデッサンだとのこと。

息子👦すごくイキイキしてる。😻👏👏👏

本人の希望で横浜美術学院冬期講習六日間を申し込みすることにした。

この子を見てつくづく思う。
素直に生きるって大切なことなんだなぁ😁


次々に絵画コンクールの課題が与えられ、本人はネタ切れ。
うまく画題が決められない。


描いてみたいものはあるけど、難しすぎて時間ばかりが過ぎていくようなものはやりたくない。

ならば上手く見える絵を短期間で描けるようになりたい。

だからプロの先生の指導を受けたい。

こんな感じなんだろうな。

自分のお腹を痛めて産んだ子供だし、おかげさまで職種が営業ということもあり、なんとか息子のこのあたりの思いは感じ取ることができる。

それともう一つ

学校以外のアート学院🎨🎭で自分の絵が通用するのか知りたい。これも大きいと思う。

今の息子に限ってだが、苦手を克服するためのアートスクール🎨は不要。
中学生、自分の好きなものを見つけ、興味を持つことが今の時期は一番大事と私は思う。😌

いずれ社会に出て行くその時、自分の引き出しをたくさん持つ人間がやはり最後は勝つ。これは実感している。

人に興味を持たれる人間が最後は選ばれるんだ。人に興味を持たれる人間は柔軟なタイプの方々が多い。瞬時にいろいろな感情を割り振ることができるからだろう。

では、自分の引き出しはどうやって増やしていけばいい⁉️⁉️

それは人としての器を広げることだ。😌

そのためにはどうすればいいのか⁉️⁉️

これだけは負けないというものを自分なりに持つことだ。😌
自信を持ってやりきれる何かを見つけることだ。😌

そしてもがき苦しみながら限界に挑戦する。👊👊👊

幸い息子は絵が大好き。
ならばこの冬休みに何か掴んでほしい。

母としてのアドバイス🌞💁

絵を上手く描く必要あるのかしら…?

人に共感されるものがいい絵と思うよ?
だって1+1=2の世界ではないんだもの。

だから、何を描いているのかわかるような絵を描いてほしい。🎨

自分の思いをストレートに表現する、この表現方法を学んでほしい。

小手先の技法は年齢と共に誰でも時期がくれば身につくはずなんだ。まだ中学生なんだもん。大丈夫(^^)。


頑張れ、はじくん🐱💪