息子、世界児童画展🌏🎨作品完成。そして感じたこと、子供の夢を壊さないで下さい。

昨日画用紙を見せてもらった。

息子の画題は🔩ネジだ。

最初は
1.なぜネジ🔩なのか?
2.どうやってネジ🔩を描くのか?
3.本当にネジ🔩が絵になるのか?

絵を見たらこの疑問が吹き飛んだ。

息子、ネジ🔩をしっかり見ている。
今か今かと自分たちの出番を待つネジの気持ちがしっかりと感じ取れる。

なるほど🙍、絵とはこういうものなんだ。

👷👨🏼と🔨🔩🔧と🏠

息子はこのネジを使う匠に思いをはせる。

たかがネジ、されどネジ。
素晴らしい建物を作ってほしい‥‥。

一昨日、大規模マンションのデータ改ざんが発覚した。
私も息子もこのマンションを知っている。

こんなことは許されない。

買わされた住民の方々もたまったもんじゃない。

でも、建築に携わったたくさんの匠やこれらのネジたちも被害者だ。

誇りを持ってみんなが作り上げたものが崩れていく。

建物好きな子供が息子以外にもたくさんいるはずだ。こんな子供の夢は壊さないでほしい。

今回の世界児童画展の息子のネジたちを見て、この報道を思い出した。
知っているマンションだけに、データ改ざん事件はあってほしくなかった。

なんだか悲しくなりました(~_~;)。